東京・池袋の風俗・デリヘルの特徴

stripe_frame池袋は新宿に次ぐターミナル駅で、山手線や埼京線、湘南新宿ライ、それに東京メトロ の各線が入っていて、人の出入りの多さも群を抜いています。
そんな中での、池袋の繁華街、盛り場の風俗店も多く存在していて、昔ながらの東口の盛り場風俗では50店舗以上の風俗店が存在します

特に、風俗店は豊島区役所周辺に集中し、キャバクラやストリップ劇場など歓楽街が広がっている一方、池袋北口や西口周辺はソープやファッション・ヘルスが立ち並ぶ風俗店が密集していて、また風俗営業法の関係もあって看板などを出していないで、こっそりと営業をしている隠れたようなお店もあるようです。

その為、無店舗型と言われる、所謂、店を出ていないもので現在ではホテル型のヘルスと言われるデリヘルやホテヘルも多く存在しています。
又、イメクラ、セクキャバ、オナクラなどの風俗店も多く存在していて、所謂、風俗のデパートとも呼ばれていて、現在では、日本最大の店舗数を誇る風俗街とも言われています。

特に、池袋エリアを拠点とするデリヘル(デリバリー・ヘルス)は、派遣型の店舗と言われるもので、全国各地で現在、急成長を遂げている風俗業であり、池袋はこれらが集中している地域でも有り、特徴あるサービス内容を含めて店舗数は40数店舗以上が存在するとされています。

そんな中でも、新規OPENや廃業するお店も多く、変化が目まぐるしい地域でも有るのが特徴です。
池袋のデリヘルの相場は、概ね、60分で1万5千円から2万円程度であり、別途にホテル代や交通費が掛かるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ